大学受験に備えて英語を学ぼう|レッツイングリッシュ学習

女性

学校選びの悩み

学生

自分が学びたい事を明確にしてから専門学校を選びましょう。専門学校では、それぞれのパンフレットを用意しています。そのため、情報収集する際には取り寄せて比較するとよいです。また、通いやすさや学びやすさを確認したい場合には見学することをおすすめします。

目標に向けた勉強

アルファベットと人形

学校により異なる内容

大学受験をするときに英語は近年必修科目となっており、国語、数がうと並んで必ずと言って良いほど必要になってくる教科です。そんな英語を学習していくためには学習プランを立てて勉強をしていく必要があります。大学受験の英語を勉強するときには、どのようなレベルの力が求められるのかを考えた上で勉強を始めるのが最も効率的になります。例えば、大学入試センター試験レベルの能力が求められるケースでは、基本的な読解能力とリスニングの能力が求められます。このため、単語力や英語を聞いて正しい選択肢を選ぶことができる技術を身につける必要があります一方で大学受験で英語の二次試験があるようなところにおいては学習プランが変わって来ます。英語を記述することが多くなると正しく単語を書くことができるライティング能力が必要になって来ますし、英語で面接をする内容があれば表現力が必要になって来ます。特に表現力を身につけるのは日本語でも非常に難しいことになるので早い段階からの英語を書いて文章を作ることができるように練習をしていく必要があります。面接も同じで、話すことはなかなか練習をすることができません、学校で練習をすることができないのであれば、学習塾などを利用して力をつけていくことがポイントです。このように大学受験で英語必要になるときには、どのような試験内容になっているのかを理解した上で学習プランを立てていくことが大切になります。

1年次から実習スタート

勉強

実践的に勉強できると話題になっている湘南工科大学のカリキュラムには、プログラミングの授業に注目が集まっています。在学中の間にプログラミングについてじっくり学べるので、かなりの技術力が身に付くようになります。

知っておきたい特徴

先生と学生

学習塾では、集団指導型と個別指導型の2つに分かれます。それぞれの指導塾によって特徴が異なりますが、最近では、自分の能力に合わせて学習ができる個別指導型が多くの生徒に人気となっています。塾選びでは、体験学習などを通して自分に適した塾を選ぶようにしましょう。