大学受験に備えて英語を学ぼう|レッツイングリッシュ学習

婦人

知っておきたい特徴

先生と学生

上手に活用する方法

学習塾は大きく分けると、集団指導型と個別指導型の2種類があります。集団指導塾は、教室の前にいる講師が、学校のように多数の生徒に対して授業を行うというスタイルです。一方の個別指導塾は、講師は、1〜4名の生徒を受け持ち、それぞれの学習内容をサポートします。集団指導塾では、分からない点があると授業についていきにくくなることもありますが、個別指導塾では、近くにいる講師に分からない点をすぐに質問することができます、そのため、個別指導塾は、少人数の落ち着いた雰囲気の中で、自分のペースで学習を進めたい生徒に人気があります。個別指導塾のメリットはいくつかありますが、自分の好きな時間と科目を選んで学習ができるという点も人気の理由です。集団指導塾では、科目ごとに曜日や時間が決まっていますが、個別指導塾は、自分で時間割を組むことができるので、他の習い事や部活動、スポーツクラブなどと両立がしやすいという特徴があります。また、集団指導よりも講師が身近にいるので、分からない問題を教えてもらうだけでなく、勉強の進め方やテスト対策のコツなどを相談することができます。個別指導塾では、授業時間以外でも使える自習室を備えているところがたくさんあります。個別指導塾を上手に活用することで、自分でスケジュールを管理しながら、自主的に勉強を続ける習慣が身に付くことが期待できます。個別指導塾はたくさんあるので、塾選びのときには、いくつかの塾で体験学習をした上で、自分に合った塾を選ぶのがおすすめです。